乳酸菌は毎日継続的に摂取することが重要

乳酸菌を毎日摂った方がいいと言われるわけは、2つあります。1つ目の理由は、乳酸菌は摂り続けることで、腸内にある乳酸菌がより活発に働けるようになるから。2つ目は、身体の変化によって乳酸菌が減少しやすいからです。ですので、乳酸菌は毎日継続して摂取していく必要があります。

毎日乳酸菌を摂った方がいい理由

乳酸菌は腸まで移動する間に、胃液などによって死んでしまいやすいのです。生きて腸まで届くという乳酸菌を売りにした商品もありますが、あまり種類があるものでもありませんし、価格が高くなりがちなのがデメリットと言えます。ですので、自分に合った食品で毎日摂取した方がいいのです。生きて腸までいけない乳酸菌だとしても、摂取しないよりは毎日少しずづでも摂取した方がいいことは明らかですね。

乳酸菌サプリの開発は進み、途中で死なずに腸まで届けられるようになりました。食品で摂るよりも、乳酸菌サプリはたくさんの乳酸菌を身体に取り入れることが出来ます。しかし、たくさん摂れるからといって、毎日飲まないのはよくありません。乳酸菌はわずか3〜7日間しか生きられないのです。寿命が短いだけでなく、ストレスや悪玉菌により減少してしまいます。ですので、乳酸菌の量を減らさないためにも毎日摂取する必要があります。

乳酸菌を摂るのをサボるとすぐに腸内環境が悪くなってしまう

乳酸菌は体調の変化や食事のメニューなどによってすぐに減ってしまいます。お肉中心の食事をしているだけでも悪玉菌はどんどんと増え、乳酸菌が減ります。毎日摂取している場合は、乳酸菌が減りすぎてしまうことはなかなかありません。

しかし、たまにしか摂っていない人は、知らず知らずのうちに乳酸菌の量が減少していき、腸内環境が急に荒れてしまう危険性もあります。一気に腸内環境が悪くなると、なかなか治りにくく長引いてしまいがちです。乳酸菌は長くもたないので、急に悪くなる可能性は大いにあります。腸内環境は健康や美容のためにとても大切な役割を持っています。乳酸菌は、免疫力を高めたり、代謝をあげてくれるので、ぜひ毎日摂取したいですね。

まとめ

乳酸菌は生きて腸まで行くのが難しいです。それに寿命は1週間以内ほどしかないので、毎日しっかり摂取するのが腸内環境を守るために大切です。腸内環境はちょっとしたことで変わりやすく、気づかぬ間に腸内が悪玉菌だらけになってしまうこともあります。そんなことを防ぐためにも、毎日摂取した方がよく、効果的です。食事でなかなか摂るのが大変だという人には、続けやすい乳酸菌サプリがおすすめです。

日本食物繊維研究会誌「乳果オリゴ糖含有乳酸菌飲料が便秘傾向にある女子大学生の排便状態に及ぼす影響」(外部サイト)

日本調理科学会誌「食品における乳酸菌の利用とその働き」(外部サイト)

消費者庁「「機能性表示食品」って何?」(外部サイト)

腸内環境と薄毛の関係とは。ホルモンバランスの乱れが薄毛の原因?

乳酸菌の新たな働きが話題になっています。それは薄毛の予防になるというものです。乳酸菌を摂ると髪の毛が増えるというわけではなく、乳酸菌の悪玉菌を減らす働きによって髪の毛が抜ける原因を減らすことが可能なのです。人間はストレスを感じると腸内の悪玉菌が増加します。悪玉菌は体のいたるところに悪影響を与えてしまうので髪の毛にも悪い影響が出てしまいます。

続きを読む

乳酸菌を摂取するとダイエットできるって本当?

体型を気にしてダイエットをしている人も多いのではないでしょうか。さまざまな低いカロリーの商品が発売されていて、ジュースやカップラーメンだけでなく、サプリメントまで低カロリー謳った商品があります。サプリメントの中でも、乳酸菌のサプリメントは腸内環境を整えたり、代謝を上げてくれる効果があるので特にダイエットに効果的です。

続きを読む

乳酸菌と相性の良い食品

乳酸菌とよく合う食べ物もありますが、組み合わせがよくない食べ物もあります。タンニンやポリフェノールは乳酸菌との相性が悪く、乳酸菌の働きを邪魔してしまいます。タンニンやポリフェノールはお茶やコーヒーに含まれているのが有名ですね。

続きを読む

乳酸菌とアルコールは相性がわるい?

アルコールと乳酸菌を一緒に摂取してもいいのか、乳酸菌の効果が落ちてしまうのではないかと考えたとこはありませんか。乳酸菌は菌の一種なので、アルコールによって殺菌されてしまいそうですよね。しかし実際は、アルコールの殺菌作用は胃液などによって効果が半減してしまうため、あまり影響はないのです。

続きを読む

食物繊維と乳酸菌は相性抜群!

乳酸菌が働くのは腸内。その働きのために大切なのが食物繊維です。食物繊維は排便を促進するというイメージが強いですが、それだけではなく乳酸菌のエサとしても重要な役割も持っています。

続きを読む

Top